美容皮膚科・皮膚科
クレド岡山

Treatment

目次に戻る

女性の薄毛治療

美容皮膚科のご相談内容で、近年増加傾向なのが女性の脱毛症です。まずは産後・手術後といった一過性脱毛や、甲状腺疾患・膠原病等の背景が存在しないか、医師が診察・検査を行います。こういった脱毛症に該当しない場合は、加齢性の脱毛を考慮します。

当院の治療は、日本の脱毛症ガイドラインや学会報告・海外の論文報告などに基づいて行っています。現時点で最もエビデンスレベルが高い薬剤は外用ミノキシジルですが、副作用で使用出来ない方や、外用が苦手な方には他の治療をご案内しています。

5%ミノキシジル

世界で最も使用されている製品です。国内製品が1%濃度しかありませんので、海外の5%製品を処方しています。医学論文レベルで、5%ミノキシジルは低濃度製品に比べ、女性の薄毛治療に効果的であった結果が多数示されています。

ナビジョンDR薬用スカルプエッセンス

アデノシンを主成分とした、医療機関専用の医薬部外品ローションです。日本美容皮膚科学会などで臨床報告をきちんと行っている国内製品です。

この製品には各種エキス(ホップ・サンショウ・レイシ)が配合されています。これらの成分により、白髪改善効果が期待出来ます。効果としては劇的ではありませんが、髪のアンチエイジングを意識した総合的な製品と位置付ける事が出来ます。

ビビスカルプロフェッショナル(Viviscal Professional)

海洋性タンパク質複合体を主成分とする、女性の方でも内服可能な育毛剤です。複数の海外論文において、その効果が示されており、当院でもこの点を高く評価しました。特に米国での販売数は、この分野で非常に多い製品です。日本では2016年より医療機関を通じて本格的な販売が開始されました。

目次に戻る