当院について
治療内容
治療費一覧
よくある質問
予約について
駐車場について
治療内容
HOMEに戻る

冷却による脂肪細胞破壊:ゼルティック

2008年に米国でSelective Cryolipolysis(選択的冷却脂肪融解術)が発表されました。この原理を利用したゼルティックは、2010年にFat Reductin(脂肪の減少)の効果が認められ、米国FDAの認可を取得しました。

こうして誕生したゼルティックは、2015年に年間治療数が100万回を超えるまでの規模に成長しました。この機器は脂肪を低温にする事で脂肪を結晶化し、脂肪細胞の自然死(アポトーシス)を促します。この過程において皮膚・血管・神経も冷却の影響を受けますが、自然死する事なく回復します。アポトーシスされた脂肪細胞は他の細胞に処理されます。結果的に治療部位の脂肪細胞は減少し、永続的な効果を得る事になります。

当院は2016年にゼルティックを導入しました。細身の方が多い日本人でも一定の治療が可能になった事・これまでの治療時間(1部位60分)が大きく短縮(1部位35分)された事・当院の移転に伴い治療室が確保された事が契機です。

注意して頂きたいのは、ゼルティックのコピー製品です。エステや医療レベルでも類似機器が多数販売されており、不十分な効果(冷却不足)・健康被害(重度の凍傷)が報告されています。米国で効能が正式に認可されているのはゼルティックだけです。

2017年末に、ゼルティックは国内において"部分的に皮下脂肪を冷却し、減少させる装置"として、厚生労働省から正式に認可を得ました。今後もこの承認の下で安全に治療が行われていく事になりました。

【治療に際して】
  • 医師の診察で治療希望部位が施術に適しているか判断します。(極端な薄い皮下脂肪や、治療機器が対応出来ない部位の場合、治療が受けられない可能性があります)
  • 専用のゲルパッドを貼り、アプリケーターを装着します。治療は完全個室で行います。1部位(葉書大)あたりの治療時間は約35分です。
  • 治療終了直後にスタッフがマッサージを行います。このマッサージはメーカーが推奨している方法に準じます。
  • 治療後は冷却と吸引の影響で、赤み・腫れ・軽度の内出血等が生じます。また、一時的ではありますが、神経が冷却された影響で不快な感覚が生じます。通常、このような副作用は時間とともに消失していきます。(永久的な副作用の報告はありません)
  • 治療効果は早ければ1ヶ月程度で自覚できますが、一般的には2ヶ月程度で判断します。判定は写真による前後比較を行います。治療回数は1~2回が標準です。
メールアドレスお問い合わせフォーム治療法や治療経過のご相談等は、メール・お問い合わせフォームでおたずねください。
※携帯メールからのお問い合わせの際は、当院からのメールが迷惑メールとして受信拒否されないよう、設定にご注意ください。