当院について
治療内容
治療費一覧
よくある質問
予約について
駐車場について
治療内容
HOMEに戻る

ニューリバイブジータ

ニューリバイブジータは血小板注射の名称です。
PRPの中で特に治療効果が期待出来る、白血球含有多血小板血漿(W-PRP)治療や、成長因子添加W-PRP治療を行う事が可能です。
開発ドクターより詳細な理論・実技指導を受け、治療を行っております。
ニューリバイブジータのネーミング使用に関しましても、正式な許可を得ております。

【長所】
  • 従来の半分の血液量でW-PRPが抽出出来ます
  • 治療部位に応じた血小板注射を、成長因子濃度や作成時の調整で準備する事が出来ます
  • 従来の治療に比べ、ダウンタイム(赤みや腫れ)が少しでも軽減するキット作成が可能です
  • 以前、当院でも使用していた米国製PRP作成キットに比べ、赤血球成分の混入が殆ど起こりません(安定したW-PRPの作成が可能)
  • 第一線の医師による研究・検証が常に行われており、今後もより良い進化が期待出来ます
【短所】
  • あくまで従来治療の延長線上にあり、万能治療ではありません
  • 部分的な治療(眉間のしわ取りのみご希望の方等)には適しておりません
【治療に際して】

ヒアルロン酸注射やコラーゲン注射とは決定的に異なる肌の若返りが生じます。皮膚の緊張感が回復し、老化によって変性した真皮そのものが若返る組織変化が生じます。組織の代謝も活発になり、肌色が明るくなるデータも報告されています。人工的な注入剤との違いを明確にして、当院では治療のご提案をしています。

【当院の治療実績】
  • 2013年の当院におけるニューリバイブジータ治療は、延べ164例でした。安全な治療への取り組みを徹底する事で、施術件数は安定しています。
  • 2014年の当院におけるニューリバイブジータ治療は、延べ155例でした。
  • 2015年の当院におけるニューリバイブジータ治療は、延べ169例でした。2015年から再生医療に関する法律が施行されましたので、当院も登録して治療を行っております。
  • 2016年の当院におけるニューリバイブジータ治療は、延べ151例でした。厚生労働省に報告する必要のある重篤な副作用は認めませんでした。
  • 2017年の当院におけるニューリバイブジータ治療は、延べ182例でした。厚生労働省に報告する必要のある重篤な副作用は1例も認めませんでした。2回目以上のリピーターの方が7割を占めています。
メールアドレスお問い合わせフォーム治療法や治療経過のご相談等は、メール・お問い合わせフォームでおたずねください。
※携帯メールからのお問い合わせの際は、当院からのメールが迷惑メールとして受信拒否されないよう、設定にご注意ください。