当院について
治療内容
治療費一覧
よくある質問
予約について
駐車場について
治療内容
HOMEに戻る
症状・お悩みから
治療法から
保険診療

乾燥肌や手荒れの相談保険診療

日本人は総じて表皮(皮膚の表面)が薄く、バリア機能が弱い傾向があります。
この為、微小な炎症が慢性的に生じる事もあり、化粧品を使用した際の刺激感や小じわ・毛細血管拡張・肝斑などを悪化させる要因になると考えられています。
また乾燥肌が背景となり、化粧品や洗浄剤などの成分にかぶれ易くなる事もあります。

手荒れに関しましても、家事で水仕事をされる方や美容師などの職業上の理由から、慢性的な湿疹に悩まれている方は少なくありません。

症状を緩和する医学的サポートが必要な方には、外用剤の処方を行います。短期的なステロイド外用や保湿剤の処方が中心になります。特に保湿剤に関しましては、プラスチベースと呼ばれる市販されていない軟膏剤を処方します。ワセリンに比べ伸びが良く、使いやすい製品です。

メールアドレスお問い合わせフォーム治療法や治療経過のご相談等は、メール・お問い合わせフォームでおたずねください。
※携帯メールからのお問い合わせの際は、当院からのメールが迷惑メールとして受信拒否されないよう、設定にご注意ください。