当院について
治療内容
治療費一覧
よくある質問
予約について
駐車場について
治療内容
HOMEに戻る

ボツリヌストキシン

ボツリヌストキシンは先発品ボトックスに代表される薬剤です。眼瞼痙攣や重度原発性腋窩多汗症、表情じわの軽減や咬筋(えら)肥大の軽減等、幅広い症状に用いられています。
安全性とその多様な効果から、世界的に頻用されています。
現在、優れた後発品(ジェネリック)が先発品より安価な値段で販売されています。
当院でも費用対効果の観点から後発品による治療を行っています。
(注:中国製は安全性に関するデータが乏しい為、一切使用しておりません)
先発品と後発品における効果や持続時間に、統計上の差は全くありません。私自身の治療経験でも、全く同等の評価です。
【主な治療対象】
  • 眉間の縦じわ、額の横じわ、目尻の笑いじわ
  • 鼻根部の横じわ、口上の縦じわ
  • 咬筋肥大(えらの突出)の軽減
  • 重度の原発性腋窩多汗症
【当院の治療実績】
  • 2013年の当院におけるボツリヌストキシン治療は、延べ164例でした。
  • 2014年の当院におけるボツリヌストキシン治療は、延べ196例でした。
  • 2015年の当院におけるボツリヌストキシン治療は、延べ235例でした。後発品による施術を長年行っていますが、大勢の方が繰り返し治療に来院されており、治療の安全・安定性が確認出来ています。
  • 2016年の当院におけるボツリヌストキシン治療は、延べ242例でした。引き続き後発品による安定した施術を行いました。
  • 2017年の当院におけるボツリヌストキシン治療は、延べ233例でした。局所麻酔混合治療を開始しましたが、全例でトラブルは生じませんでした。
メールアドレスお問い合わせフォーム治療法や治療経過のご相談等は、メール・お問い合わせフォームでおたずねください。
※携帯メールからのお問い合わせの際は、当院からのメールが迷惑メールとして受信拒否されないよう、設定にご注意ください。